JA がん保険|民間生保のがん保険と同等の内容

JA がん保険|民間生保のがん保険と同等の内容

JAのがん保険は、民間の生保のがん保険と何ら変わりません。しっかりした保障内容です。でも、掛け金は安いので、お得ですよ

 

JA がん保険|民間生保のがん保険と同等の内容

○JAのがん保険は、がんと闘うための安心を一生涯にわたって手厚く保障しています(終身保障)。そして、面倒な医師の診査は不要です。

 

JAのがん保険:加入例〜入院給付金10,000円タイプ〜
・がんと診断されたとき:100万円
・がんで入院:1日10,000円
・がんで手術:10万・20万・40万(手術の種類に応じて)
・がんで退院後の療養:20万円
・がんで死亡:100万円
・がん以外で死亡:10万円
上記を一生涯保障します。

 

 

 

○JAのがん保険で注意すべき点は以下のようなことがらです。

 

JAのがん保険は、契約日から90日間の不担保期間が設けられています。不担保期間とは、つまり、保障できない期間です。そして、この不担保期間中に被保険者が悪性新生物(がん)または脳腫瘍と診断確定された場合には、そもそも、その契約自体を無効とし、保険金は一切支払われません。なぜこういうことになっているかというと、契約した人が、たとえ故意であっても故意でなくても、契約の時点ですでにがんになっていたと推測されるからです。まあ、これは他の生保でも同様な扱いになっているので、JAだけのことではありませんが。

JA がん保険|民間生保のがん保険と同等の内容関連ページ

JA がん保険|どんな保障内容ですか?
JAのがん保険は、保障内容を見ると、民間の生保の商品と何ら変わりません。それでいて掛け金は安いです。これからの節約時代には最適ながん保険ですよ。