JA 年金共済|JAの個人年金は損保の年金と比べてどうなんでしょう?

JA 年金共済|JAの個人年金は損保の年金と比べてどうなんでしょう?

JA 年金共済|JAの個人年金は損保の年金と比べてどうなんでしょう?

○JAの人気商品、隠れたベストセラーである年金共済(個人年金)の特徴を下記に記します。

 

JAの年金共済(個人年金)の特徴1
契約日から6年目以降1年ごとに予定利率を見直す。そこで予定利率が上がると、年金額が増える。しかも、一度増加した年金額は減らない。反対に、予定利率が下がっても、「最低保証予定利率」が設定されているので、年金額が底なしに減少するリスクはなく、安心して加入できる。

 

JAの年金共済(個人年金)の特徴2
医師による診査は不要。

 

JAの年金共済(個人年金)の特徴3
契約は掛金建てなので、掛金を月々1万円、3万円、5万円というように、積立貯金の感覚で加入できる。

 

JAの年金共済(個人年金)の特徴4
税制適格特約付のプランに加入した場合、一般の生命保険とは別枠で個人年金保険料控除を受けられ、所得税や住民税を軽減できる。

 

 

 

JAの年金共済(個人年金)には、「終身年金タイプ」と「定期年金タイプ」の2つがある。

 

JAの年金共済(個人年金)「終身年金タイプとは
終身年金タイプは、文字通り、一生涯にわたり年金を受け取るタイプです。たとえ保証期間中に万一のことがあっても、保証期間の残りの年金を遺族が受け取れるので、もらいそびれる心配はありません。終身で受け取れるので、公的年金の受取額と合わせれば、生活資金、余裕資金を計画的に確保でき、生活に余裕が生まれます。このタイプは、当然のことながら、長生きすればするほど受け取る年金総額は増えることになります。

 

JAの年金共済(個人年金)「定期年金タイプとは
定期年金タイプは、年金受給期間を、あらかじめ5年、10年、15年というように期間を決め、その期間の間、毎年年金を受け取るタイプです。ご存知のように、公的年金の受給時期が遅くなりつつある中、公的年金が受給できるまでの「つなぎ資金」として活用する人が増えています。

JA 年金共済|JAの個人年金は損保の年金と比べてどうなんでしょう?関連ページ

JA 年金共済|JAの個人年金は退職後の資金作りの大本命!
JAの年金共済は、これから最も必要とされる保険です。今後、公的年金の支給年齢が上がり、支給額が少なくなることが確実な情勢ですね。個人年金の必要性がますます高まる情勢なのです!