JA 年金共済|JAの個人年金は退職後の資金作りの大本命!

JA 年金共済|JAの個人年金は退職後の資金作りの大本命!

JA 年金共済|JAの個人年金は退職後の資金作りの大本命!

○JAの年金共済(個人年金)は、豊かな老後のために楽しみと安心を兼ね備えた保険です。

 

公的年金の支給年齢が上がり、反対に、支給額が減少していくことは確実です。そんな情勢では、めいめいが自分で退職後の資金を用意する必要があります。とくに、退職してから年金を受け取るまでに空白期間が生じる場合は、個人年金は必須となりますね

 

 

 

○まず、JAの年金共済(個人年金)には、終身年金タイプ定期年金タイプがあります。

 

○JAの年金共済(個人年金)は「ライフロード」という名で親しまれていて、固定利率ではなく、予定利率変動型年金保険です。どう変動するかというと、契約から6年目以降、1年ごとに予定利率の見直しを行い、予定利率が上がれば年金額も増えます。そして、ここで一度増加した年金額は減らず、その後は固定になります

 

仮に、予定利率が下がって年金額が減少するケースでも、「最低保証予定利率」という<安全弁>がちゃんと用意されています。ですから、何らかの理由で大幅に予定利率が下がる事態であっても、受け取るべき年金額が底なしに下がる心配はないのです。安心して加入できますよ。

JA 年金共済|JAの個人年金は退職後の資金作りの大本命!関連ページ

JA 年金共済|JAの個人年金は損保の年金と比べてどうなんでしょう?
JAの年金共済(個人年金)は、6年目以降1年ごとに予定利率を見直します。そこで予定利率が上がると、年金額が増え、一度増加した年金額は減らないんです。もしも、予定利率が下がっても、「最低保証予定利率」が設定されているので、年金額が底なしに減少するリスクはなく、安心ですよ。JAの隠れたベストセラーでもあります。