JA 一時払生存型養老保険|普通の養老保険との違いは?

JA 一時払生存型養老保険|普通の養老保険との違いは?

JA 一時払生存型養老保険|普通の養老保険との違いは?

○JAの一時払生存型養老保険は、掛金を一括して契約時に支払うタイプの養老保険です。満期保険金などの一時金を活用して将来の資金づくりをしながら、5年・10年といった一定期間の死亡保障を確保でき、保障と貯蓄を兼ねた人気の高い保険です。

 

○JAの一時払生存型養老保険の場合、予定利率を契約時に設定することになりますが、具体的な設定方法は、毎月、保険期間・市中金利に応じて設定されることになります。そうやって契約時にいったん設定された予定利率は、契約の全期間にわたって変動しません。こうした方式になっているので、必然的に、加入時に示された満期保険金は、将来、確実に受け取ることができます。

 

○JAの一時払生存型養老保険「たくわエール」は、加入時に医師の審査は不要です。契約する際に、告知書に記入するだけでOKです。

 

 

 

○JAの一時払生存型養老保険「たくわエール」には、以下の2つの特約がつけられます。

 

@保険金年金支払特約

 

    保険金を年金として受け取れる特約

 

A指定代理請求特約

 

    保険金の請求をあらかじめ指定した人が代理請求できる特約

JA 一時払生存型養老保険|普通の養老保険との違いは?関連ページ

JA 養老保険|人気があるって本当ですか?
JAの養老保険は、実際のところ、保障はオマケみたいなもので、満期になったらまとまったお金を受け取れるという「貯蓄」の部分に関心がある人がほとんどでしょう。JAの養老保険は、そういうニーズにしっかり応える保険になっていて、とても人気の高い保険なんですよ。
JA 養老保険|「中途給付特則」があるから便利と聞きましたが・・・
JAの養老保険の最大の特徴は、中途給付特則がつけられること。JAの養老保険につけられるこの中途給付特則は、基本型の保障に加え、3年ごとまたは5年ごとに「中途給付金」が支払われるというものです。満期まで何もないのではなく、途中でお金が受け取れるのです!
JA 養老保険|つけられる特約にはどんなものが?
JAの養老保険には、さまざまな特約を付けることができます。そうした特約によって、養老保険の基本保障である死亡保障以外に、入院・災害死亡・重度障害などにも備えることができます。