JA 養老保険|「中途給付特則」があるから便利と聞きましたが・・・

JA 養老保険|「中途給付特則」があるから便利と聞きましたが・・・

○JAの養老保険には下記のような特徴があります。

 

JA 養老保険|「中途給付特則」があるから便利と聞きましたが・・・

(JAの養老保険の特徴1)
JAの養老保険は、まず、基本的な保障として、5年とか10年といった一定期間の被共済者(被保険者)の死亡・第1級後遺障害状態・重度要介護状態が保障されます。そして、満期時にまだ生存しているときは、満期共済金(満期保険金)が支払われます。そういうわけで、JAの養老保険は、「保障」と「貯蓄」という2つの機能を兼ね備えています。実際のところ、JAの養老保険に加入する人の多くは、たとえば、教育・結婚資金・リフォームなど将来の資金準備のためにこの保険に加入する人が多いんですよ

 

JA共済の養老保険の特徴2
いろんな特約を付けることで、入院・手術・通院などの保障も追加でき、総合的な保険に組み立てることができます。

 

JAの養老保険の特徴3
繰り返しになりますが、養老保険は掛け捨ての保険ではないので、満期時には満期共済金(満期保険金)を受け取ることができます。

 

JAの養老保険の特徴4
これがJAの養老保険の最大の特徴ですが、中途給付特則というものをつけることができます。この特則をつけると、基本となる保障に加え、3年ごとまたは5年ごとに「中途給付金」を受け取ることができます。一般の生保にある多くの養老保険というのは、あくまでも満期になればまとまったお金を受け取れる、という保険なんです。ですが、JAの養老保険では、期間の中途でもまとまったお金を受け取ることができるんですね。たしかに、中途で受け取るので、満期に受け取る金額はその分減りますが、何かと助かることは事実。これがJAの養老保険の最大の特徴なんですね。

JA 養老保険|「中途給付特則」があるから便利と聞きましたが・・・関連ページ

JA 養老保険|人気があるって本当ですか?
JAの養老保険は、実際のところ、保障はオマケみたいなもので、満期になったらまとまったお金を受け取れるという「貯蓄」の部分に関心がある人がほとんどでしょう。JAの養老保険は、そういうニーズにしっかり応える保険になっていて、とても人気の高い保険なんですよ。
JA 養老保険|つけられる特約にはどんなものが?
JAの養老保険には、さまざまな特約を付けることができます。そうした特約によって、養老保険の基本保障である死亡保障以外に、入院・災害死亡・重度障害などにも備えることができます。
JA 一時払生存型養老保険|普通の養老保険との違いは?
JAの一時払生存型養老保険は、満期保険金などの一時金を活用して将来の資金づくりをしながら、5年・10年といった一定期間の死亡保障を確保することができます。文字通り、契約時に一括して保険料を支払います。