JA 積立型終身保険|普通の終身保険との違いは?

JA 積立型終身保険|普通の終身保険との違いは?

JA 積立型終身保険|普通の終身保険との違いは?

○JAの積立型終身保険は、健康状態などを理由に契約を断られていた人でも、80歳までの期間における病気について、死亡保障を経過期間に応じた額にすることで、一生涯の死亡保障を確保できる終身保険です。とても多くの人に喜ばれている保険です。

 

○繰り返しますが、JAの積立型終身保険は、条件付き、すなわち、一定の範囲にしぼって加入できる保険です(ただし、身体状態等によっては、引き受け不可の場合もありますが)。

 

○JAの積立型終身保険は、医師の診査は不要です。

 

○JAの積立型終身保険は、病気・けが・災害による死亡保障を一生涯保障する保険です。たとえば、死亡した際の葬儀費用やローンの返済など様々な出費への備えをカバーすることが可能です。ただし、病気による死亡保障は、80歳まで経過期間に応じた額となっています。

 

○JAの積立型終身保険には、基本契約に災害入院は入っていませんが、災害入院特約をつけることで、特約の期間中、交通事故やその他のけがなどによる入院や手術に備えることができます。

JA 積立型終身保険|普通の終身保険との違いは?関連ページ

JA 終身保険|JAの終身共済と民間の生保と違いますか?
JAの終身保険(終身共済)は、保障内容において、民間の生命保険とまったく変わりません。保障内容も、付帯できる特約も、様々なニーズの応じて、柔軟に対応できる保険です。
JA 終身保険(終身共済)|払込方法は?
JAの終身保険(終身共済)には、有期払い込み、終身払い込み、ステップアップ方式の3つがあります。一例として、50歳を過ぎてから加入する場合などは、終身払い込みにすると、月々の掛け金の額を軽減することができますよ。
JA 終身保険(終身共済)|つけられる特約にはどんなものが?
JAの終身保険(終身共済)にはいろんな特約が付けられます。JAの終身保険は、特約を付けることで保障の幅を広げることができ、総合的なリスクに対応することができます。