JA 終身保険(終身共済)|払込方法は?

JA 終身保険(終身共済)|払込方法は?

JA 終身保険(終身共済)|払込方法は?

○JAの終身保険(終身共済)には、つぎの3つの払い込み方法があります。

 

@有期払い込み:保険料(掛金)の支払いが一定年齢で終わります。
A終身払い込み:一生涯保険料(掛金)を払い続けます。
Bステップアップ:一定年齢から保険料(掛金)が上がります。最初は安く、次第に高く、という方式です。

 

○具体的な利用方法として、たとえば、50歳代でJAの終身保険(終身共済)に加入する場合、加入年齢が高いですから、やはり、掛金(保険料)が高くなってしまいます。そこで、終身払い込みにすると、毎月の保険料(掛金)の額を低く抑えることができます。確かに、この方法だと、、一生涯払い続けるので、その分の負担はありますが、月々の負担が低くなるのはありがたいですよね。

 

○さて、JAの終身保険(終身共済)は、定期保険に比べて保険料は高くなります。なぜなら、そもそも終身保険というのは掛け捨ての保険ではなく、解約したら解約返戻金が戻ってくる保険だからです。終身保険には「積み立て」あるいは「貯蓄」の要素があるからなんですね。積立を兼ねた保険なので、どうしてもまとまったお金が必要になった時など、終身保険を解約すると、お金が戻ってくるので、何かと役に立つ保険なのです。ですから、同じ死亡保障の保険に入るのであれば、終身保険も選択肢の一つに入るのではないかと思います。
(※)JAの終身保険(終身共済)に加入していれば、「契約者貸付制度」が利用できます。上の説明では、解約したらお金が戻ると書きましたが、解約しなくても、一定の範囲の金額であれば、貸付を受けることができます。これは、その時点で解約したら戻るであろう金額の一部を借りる制度です。急遽お金が必要になったときなど、本当に助かる制度ですよ。

JA 終身保険(終身共済)|払込方法は?関連ページ

JA 終身保険|JAの終身共済と民間の生保と違いますか?
JAの終身保険(終身共済)は、保障内容において、民間の生命保険とまったく変わりません。保障内容も、付帯できる特約も、様々なニーズの応じて、柔軟に対応できる保険です。
JA 終身保険(終身共済)|つけられる特約にはどんなものが?
JAの終身保険(終身共済)にはいろんな特約が付けられます。JAの終身保険は、特約を付けることで保障の幅を広げることができ、総合的なリスクに対応することができます。
JA 積立型終身保険|普通の終身保険との違いは?
JAの積立型終身保険は、これまで健康状態を理由に契約できなかった人でも、条件付きで加入できる終身保険です。加入を断られたことのある人は、一度問い合わせをするといいですよ。