JA ファミリーバイク特約|JAにもファミリーバイク特約がありますか?

JA ファミリーバイク特約|JAにもファミリーバイク特約がありますか?

 

JA ファミリーバイク特約|JAにもファミリーバイク特約がありますか?

○一般の損保と同じように、JAもファミリーバイク特約を扱っています。

 

あなたがすでにJAの自動車保険(クルマスターなど)に加入している場合、ファミリーバイク特約を追加で付けることが出来ます

 

なお、JAの保険では、ファミリーバイク特約のことを「家族原動機付自転車賠償損害特約」と呼んでいます。中身は民間損保のファミリーバイク特約と同じです。

 

 

 

○JAのファミリーバイク特約のメリットとデメリット
<メリット>
@掛金がとても安い。年間で数千円。
A年齢を問わない。たとえば、本体の自動車保険が「30才以上」であっても、バイクには18才以上ならだれでも乗れる。
Bバイクは、自分のバイクでなくてもいい。友達から借りたバイクで事故を起こしても、この特約が適用される。
Cバイクは1台だけではなく、2台、3台所有している場合も、全てこの特約の対象になる。

 

<デメリット>
@保障内容に制限がある。たとえば、バイクで転倒して自分がケガをした場合、この特約からは何も出ない。対象になるのは、「対人」「対物」だけ。「搭乗者」は対象外。相手に対する賠償のみがこの特約の対象。バイク事故の場合、高い確率でドライバーや同乗者がけがをするので、この点は不安。

 

 

 

○JAのファミリーバイク特約の注意点
<ファミリーバイクとはどんなバイクか?>
・保険で言うところの「原動機付自転車」が対象
・具体的には、125cc以下の排気量の2輪バイク。電動バイクの場合は、定格出力が1.00キロワット以下の2輪。
・3輪以上の場合は、原動機の総排気量が50cc以下のもの、または定格出力が0.60キロワット以下のもの。
・ただし、上記の範囲内のものであっても、ソリやキャタピラを備えたものは対象外になる。

 

などなど、いろいろ細かい定義はありますが、一般家庭で乗る小さなバイクは、たいていのものがファミリーバイク特約の対象になるはず。

 

<自分自身・同乗者のケガの保障について>
上にも書きましたが、ファミリーバイク特約では、相手に対する保障は備わっていますが、自分の側の保障は付いていません。とはいえ、もしも生命保険(医療保険)や傷害保険など、けがをして入院・通院した際に給付金がおりる保険に入っているのであれば、そちらも使えますので、ファミリーバイク特約でも大丈夫ですよ(手続きは煩雑になりますが)。

 

ただし、生命保険(医療保険)などでは、病気ではおりるけれど、けがの場合は対象外のものもけっこうあります。それから、傷害保険(けが専用の保険)でも、入院で1500円、通院で1000円程度のものも多くあって、こういう内容では、あまり役に立ちません。

 

以上の理由から、相手に対しても、自分に対しても、しっかりした保障をつけたいのであれば、特約ではなく、単体のバイク保険(バイク任意保険)に加入すべきです

 

 

 

■このページのまとめ
・ファミリーバイク特約は値段が安い
・自分のバイクも友達のバイクも対象になる
・何台バイクがあっても大丈夫
・年齢は不問。
・保障内容に制限。自分の保障がない。
・自分のケガも保障したい場合は、単体のバイク保険(バイク任意保険)に加入すべき。

 

 

なお、単体のバイク保険(バイク任意保険)に加入するなら、こちらの比較サイトが便利です。
       

↓↓↓ いますぐクリック↓↓↓

バイク保険の一括見積もりなら【保険スクエアbang!】

JA ファミリーバイク特約|JAにもファミリーバイク特約がありますか?関連ページ

JAのバイク保険はどんな内容ですか?
JAには、一般の損保と同じように、単体のバイク保険があります。つまり、自動車保険の特約として付ける「ファミリーバイク特約」ではなく(これもありますが)、単独の「バイク保険」があるのです。バイクは、大小にかかわらず、立派な「車両」ですから、ちゃんとした保険に入りたいですね。