JA 建物更生共済|盗難で現金の被害をうけた場合

JA 建物更生共済|盗難で現金の被害をうけた場合

JA 建物更生共済|盗難で現金の被害をうけた場合

JAの建物更生共済は「建物」の損害を補償する保険です。したがって、現金は家財に含まれるので、補償の対象になりません

 

○現金の盗難も補償の対象にするには、MY家財の契約をする必要があります。

 

○なお、現金が盗難にあった際、泥棒が窓ガラスなどを破損した場合には、その破損した窓ガラスに対して建物更生共済から保険金が支払われます。なぜなら、窓ガラスは建物の一部ですから。

 

○なお、JAのMY家財では、現金盗難の場合、1回の事故につき、生活資金に限り最高30万円まで補償がつきます。もし100万円が盗難の被害にあった場合、補償されるのは30万円までです。

 

MY家財とは?)家の中の動産、つまり、タンス・テーブル・椅子などの家具、テレビ・冷蔵庫などの家電、台所用品から衣類にいたるまでの家具・家財一式を補償する家財保険です。たとえば、家財が全焼の場合、全ての家財・家具をあらためて買い直すと大変なお金がかかりますね。でも、「MY家財」に加入していれば、再取得価額まで加入できるので、保険金で一式買うことができ、とても安心です。

JA 建物更生共済|盗難で現金の被害をうけた場合関連ページ

JA 建物更生共済とは
建物更生共済はJAの主力商品です。いうまでもなく、日本一有名な火災保険ですね。建物更生共済は、地震保険が最初からセットになっています。そのため、火事、自然災害はもちろん、地震による損害も、特約などなくても基本補償としてはじめから備わっているのです。
JA 建物更生共済の特徴
JAの建物更生共済は、大地震が起こるたびに、その名が知れ渡るようになった火災保険です。その理由は、民間の損害保険会社の火災保険が「特約」扱いにしている地震保険が、JAの建物更生共済でははじめから基本保障に組み込まれているからです。
JA 建物更生共済|車庫・門・塀
JAの建物更生共済では、家の物置、車庫といった付属建物、あるいは塀・門などの工作物に関しては、補償の対象外になります。ただし、建物更生共済の契約書に、これらを「明記物件」として明記することにより、補償の対象になります。
JA MY家財
JAの火災保険「My家財」の補償内容は、建物更生共済の補償内容と同じです。つまり、火災だけでなく、地震や自然災害にも対応する、オールマイティーの火災保険(家財保険)です。
JA 火災保険|「自然災害」とは?
JAの火災保険では、掛け捨て型でも積立型でも「自然災害」を補償していますが、ここでいう「自然災害」とは、台風、暴風雨、土砂くずれ、地すべり、雪害などをいいます。
JA 火災保険|シロアリ(白アリ)の被害
JAの火災保険では、シロアリ(白アリ)による損害は、対象外になります。というか、シロアリ(白アリ)被害が対象になっている火災保険は皆無なのでは・・・。
JA 建物更生共済|地震保険料控除
JAの建物更生共済の掛金の中には「地震保険」の掛金が含まれています。したがって、当然、地震保険料控除が受けられます。年間に支払った地震保険料相当額が控除対象です。
JA 建物更生共済|落雷でテレビ・エアコン故障
JAの建物更生共済は、建物を補償する保険なので、エアコンが落雷にあった場合は補償の対象ですが、テレビは家財なので、対象外になります。テレビの補償はMY家財に加入していないとダメです。
JA 建物更生共済|車が家に
JAの建物更生共済では、自動車が家への飛び込み損害を受けた場合、ちゃんと補償の対象になるので安心ですよ。
JA 建物更生共済|台風で屋根瓦が飛ばされたら
JAの建物更生共済では、台風で屋根瓦が吹き飛ばされた被害は、補償の対象になるので安心ですよ。ただし、この場合、損害の額が20万円以上の場合に限り、損害保険金を支払います。20万未満では、0円になります。
JA 建物更生共済|地震で火事になったら
JAの建物更生共済は、もともと基本補償の中に地震保険がセットになっているので、通常の火事はもちろん、地震が原因の火事も支払いの対象になります。この点こそが、建物更生共済の最大の強みでもあります。
JA 建物更生共済|事業用建物の掛金は損金になる?
事業用建物にJAの建物更生共済を掛けている場合、掛金は、損金(必要経費)として認められますが、全額は認められません。すなわち、建物更生共済の掛金は、税法に定められた部分についてのみ損金または必要経費として認められます。
JA 建物更生共済|新潟県中越地震
JAの建物更生共済から、新潟県中越地震では、自然災害共済金(保険金)を505億9,000万円支払ったという実績があります。支払総件数は58,435件になります。