JA 定期生命共済|経営者の死亡保障と退職金の両方を準備する保険。

JA 定期生命共済|経営者の死亡保障と退職金の両方を準備する保険。

JA 定期生命共済|経営者の死亡保障と退職金の両方を準備する保険。

○JAの定期生命保険(定期生命共済)は、企業の経営者の方に必要となる死亡保障と、退職金等の資金形成のためにお役に立つ保険です。

 

○この保険の掛金は、損金(必要経費)として計上できますので、「節税対策」の側面も持っています。

 

○さらに、JAの定期生命保険(定期生命共済)に加入していれば、経営上どうしても一時的な資金が必要な場面で、保険証書貸付(共済証書貸付)によって、必要な資金を用意することができます。これは、いわゆる「契約者貸付」と呼ばれるもので、この保険の積立部分を借り受ける、という形を取ります。とはいえ、その積立部分は、もともと自分の(会社の)お金なので、仮に、一時的に用立てたお金を返済できなくても、将来受け取るべき金額が減額されるというだけで、特に問題ありません。この点が、金融機関からの融資とは大きく異なるところです企業経営には、売り上げの波がつきものですが、こうした「いつでも自由に借りられるお金」があることは、経営者にとって大変な安心感につながるものだと思います

 

 

 

○さて、JAの定期生命保険(定期生命共済)に付帯できる特約は、以下の3つです。

 

医療保障を充実させる特約
・全入院特約
・通院特約

 

災害に対する保障を充実させる特約
・災害給付特約
・災害死亡割増特約

 

共済金の請求をあらかじめ指定した人が代理請求できる特約
・指定代理請求特約