JAの事故対応

JAの事故対応

JAの事故対応

○JAでは、近年、自動車事故の事故対応に力を入れています。一般の損保では常識になっている「24時間・365日」の事故受付はもちろん、ロードサービスレッカーサービスも完備しています。したがって、JAの事故対応は万全といえます。

 

○具体的に言いますと、JAには「JA共済事故受付センター」という部署があり、24時間・365日無休の事故受付・事故対応を行っているのです。さらに、「JA共済事故受付センター」では、夜間休日現場急行サービス夜間休日初期対応サービス休日契約者面談サービスなどを行っています。こうした対応があるために、自動車保険の事故対応としては、万全といっていいでしょう。

 

○なお、JAの事故対応窓口は、日本全国約1,140か所にあります!まあ、これは、実際、大変な数ですね。それから、JAでは、加入者が事故にあった場合、損害調査スタッフを派遣していますが、このスタッフの数はおよそ5,900人です。これも相当な数ですね。

 

○いずれにしても、JAは、そのネットワークを生かして、全国の農協(JA共済・JA共済連)と連携して、帰省やレジャーなどで遠隔地で事故が起こっても、きちんと事故対応できるようになっているのです。

JAの事故対応関連ページ

JA 自動車保険 示談交渉サービス
JA 自動車保険(自動車共済)には示談交渉サービスがついているので、事故の時は安心です。自分で交渉するとどうしても感情的になりますからね。第3者(JA)にあいだに入ってもらった方がうまくいくんです。
JAの「クルマスター」
JAの自動車保険(自動車共済)「クルマスター」は、一般の人が加入する自動車保険です。JAの「クルマスター」は、個人で使用する自家用8車種が対象です。
JA 自賠責保険
JAには自賠責保険(強制保険)があります。そもそも、すべての自動車(二輪や原付も含む)に自賠責保険への加入が義務づけられています。したがって、JAでも自賠責保険(強制保険)を取り扱っています。
JA 自動車保険|車両・対物セット割引
JAの自動車保険に加入する際、車両保険と対物保険に同時に加入した場合、車両保険部分と対物保険部分の保険料が、それぞれ7パーセントずつ割引され、とてもおトクです。これがJAの車両・対物セット割引と呼ばれるものです。
JA 自動車保険|フリーダイヤル安心サービス
JAの自動車保険に加入している人は、JAのフリーダイヤル安心サービスを利用できますよ。JAの自動車保険に加入している人が、事故にあったとき、24時間・365日、フリーダイヤルで事故受付や事故処理アドバイス・初期対応を行ったり、各種契約者サービスを行ったりします。いざというときとても安心ですよ。
JA 自動車保険|年齢条件30歳以上
JAの自動車保険に加入していて、年齢条件が30歳以上です。18歳の息子が運転するには、どうすればいい?・・・・・この場合は、「年齢を問わず」に変更すれば、息子さんも運転できます。
JA 自動車保険|台風で車が水没
JAの自動車保険では、契約自動車に、車両保険がついていれば、台風による洪水で自動車が水没した場合、保険金を受け取ることができます。安心ですよ。
JA 自動車保険|民間の損保からJAに
現在、民間の損保の自動車保険に加入している人が、JAの自動車保険に乗り換えすることは、もちろん可能です。その逆も、可能です。