JA 自動車保険|台風で車が水没したら?

JA 自動車保険|台風で車が水没したら?

JA 自動車保険|台風で車が水没したら?

○JAの自動車保険では、契約自動車に、車両保険の付帯があれば、台風による洪水で自動車が水没した場合、ちゃんと保険金を受け取ることができます

 

○JAの自動車保険では、全損害担保(オールリスクタイプ)の車両保険に加入している場合、偶然な事故によって損害を受けた場合に、保険金を受け取ることができます。[偶然な事故]とは、衝突・接触・墜落・火災・盗難・台風・洪水・高潮等による事故のことをいいます。したがって、洪水で水没したら、保険金を受け取れるわけです。
(※)洪水に関しては、損害限定担保(エコノミータイプ)の車両保険でも、ちゃんと保険金が支払われますので、安心ですね

 

○JAの自動車保険では、様々な自然災害によって損害を受けた場合、車両保険に加入していれば、保険金を受け取ることができます。ただし、ここでいう[自然災害]の中には<地震・噴火・津波>は含まれません。基本的に、地震や津波は免責になっていて、保険からは支払われません。注意してください。
(※)JAの保険に限らず、一般の損保の保険も、地震や原子力災害は<免責>になっていることがほとんどです。<免責>とは、保険会社が「責」任を「免」ずる、と言う意味です。火災保険の特約で付いてくる「地震保険」は、もちろん、免責にはなりませんが

JA 自動車保険|台風で車が水没したら?関連ページ

JA 自動車保険 示談交渉サービス
JA 自動車保険(自動車共済)には示談交渉サービスがついているので、事故の時は安心です。自分で交渉するとどうしても感情的になりますからね。第3者(JA)にあいだに入ってもらった方がうまくいくんです。
JAの事故対応
JAでは自動車事故の事故対応に力を入れています。たとえば、民間の損保では常識になっている「24時間・365日」の事故受付も完備しています。また、ロードサービスやレッカーサービスもちゃんと対応しています。
JAの「クルマスター」
JAの自動車保険(自動車共済)「クルマスター」は、一般の人が加入する自動車保険です。JAの「クルマスター」は、個人で使用する自家用8車種が対象です。
JA 自賠責保険
JAには自賠責保険(強制保険)があります。そもそも、すべての自動車(二輪や原付も含む)に自賠責保険への加入が義務づけられています。したがって、JAでも自賠責保険(強制保険)を取り扱っています。
JA 自動車保険|車両・対物セット割引
JAの自動車保険に加入する際、車両保険と対物保険に同時に加入した場合、車両保険部分と対物保険部分の保険料が、それぞれ7パーセントずつ割引され、とてもおトクです。これがJAの車両・対物セット割引と呼ばれるものです。
JA 自動車保険|フリーダイヤル安心サービス
JAの自動車保険に加入している人は、JAのフリーダイヤル安心サービスを利用できますよ。JAの自動車保険に加入している人が、事故にあったとき、24時間・365日、フリーダイヤルで事故受付や事故処理アドバイス・初期対応を行ったり、各種契約者サービスを行ったりします。いざというときとても安心ですよ。
JA 自動車保険|年齢条件30歳以上
JAの自動車保険に加入していて、年齢条件が30歳以上です。18歳の息子が運転するには、どうすればいい?・・・・・この場合は、「年齢を問わず」に変更すれば、息子さんも運転できます。
JA 自動車保険|民間の損保からJAに
現在、民間の損保の自動車保険に加入している人が、JAの自動車保険に乗り換えすることは、もちろん可能です。その逆も、可能です。